オール電化リフォームのメリット

オール電化リフォームのメリット

オール電化へとリフォームすることでメリットとなるのは、「光熱費が安くなる」「エコになる」「室内の空気を汚さない」というメリットがあります。そして以外に知られていないのがオール電化でのメリットだということですね。それはオール電化を活用することで、費用が大幅に節約できるということがあります。それは、保険会社では、オール電化住宅に対して火災保険の特別割引きを設定している会社が増えてきているということでしょう。そしてそれは新築だけでなくリフォーム住宅にも適用されるということがあります。それで、オール電化住宅にリフォームをした場合には、忘れずに保険の見直しをして保険料の節約をするということが大切ですね。

 

 

 

オール電化住宅にするには、初期費用にエコキュートで約70万円、IHクッキングヒーターに約35万円かかるということですね。光熱費は安くなってきますが、最初にこれだけの費用を準備するのは大変です。それで、初期費用を抑えるためにはお得なリフォームローンというものがあります。オール電化住宅の場合には、通常の住宅ローンよりも金利の安い優遇制度があるということですよ。これは新築だけでなくリフォーム住宅にも適用されるということです。

 

 

 

また、ローン以外には初期費用を抑える対策としてオール電化のリースプランもあるということですね。エコキュートとIHクッキングヒーターのリース料金が8,900円/月〜で、プラン次第では、安くなった光熱費の差額でリース料をまかなえるケースもあるということです。このリースプランでは、メンテナンス付であるということが安心できるということでしょう。