ハウスチェッカーの検査

ハウスチェッカーの検査

自分たちが住んでいる住宅もいずれは改装時期がきます。

 

中古住宅を購入したらリフォームしてキレイにしたいものです。

 

 

 

長い間には家族環境も変化しますので増築や改築も必要になることがあります。

 

部分的に改修するリフォームから、根本から作り直すリノベーションかの判断も対象になる住宅が一戸建ての住宅かマンションかで違ってきます。

 

 

 

一戸建ての木造住宅でしたら30年ぐらいで大きなリフォームを検討する時期になります。

 

木材自体の耐久年数は当初の建築方法がしっかりしていて大切に使えば、50年以上でも持ちますが基礎になる部分の木材が常に水に侵食されて
いたりする状態でしたら腐食が進んで長くは持たなくなります。

 

 

 

木材の中にシロアリなどが生息して木部を食い尽くして中が空洞状態になっていて危険な時があります。

 

屋根などの防水関係が腐ったりして穴が開いたり屋根瓦がもろくなったりしていることもあります。

 

 

 

この様な基礎や屋根瓦の中は外からは見つけにくいです。

 

さらに、水道やガスなどの配管や雑排水などの排水管も外からは見えませんし電気系統の配線状態も心配です。

 

その様な意味でも30年を区切りとして専門家に検査をしてもらう必要があります。

 

 

 

その上でリフォームに止めるか、思い切ってリノベーションするかを判断するべきでしょう。

 

日本は雨量も多い国ですし湿度も高いので、日本の住宅は耐用年数が短いと言われています。

 

それでも、当初の建築がしっかりしていれば50年以上も十分使えますし中には100年でも使われている古いものも残っています。

 

ですから、もし思い切ってリノベーションするのでしたら、特に基礎部分の工事を工務店にしっかりお願いしてください。