工事会社を選ぶときの注意点

工事会社を選ぶときの注意点

リフォームをする場合でも、リノベーションして新築状態にするにも工事会社に依頼することになります。

 

リフォームで部分的な改装に止めるのでしたら小さな工務店で十分対応できることですが、思い切って全面的に改築するときには
ある程度の規模の工事会社に依頼することに越したことは有りません。

 

 

 

リフォームでしたら壁紙や塗装などの内装部分の業者と、キッチンや浴室、トイレ、電気関係などの設備関係の業者と別々に
依頼することもできますが、それぞれの工事に日程の調整や段取りに慣れていませんと現場で混乱しますので工務店などに一括で依頼したほうが
良いでしょう。

 

リノベーションで全面的に改築するのであれば、住宅関係の工事の実績豊富な工務店などに一括で発注すべきと思います。

 

 

 

実績のある工務店や建築会社であれば大工や左官屋、建具屋・・・などの下請けの業者もしっかりしたところが普段から仕事をして
いますので良い仕事をしてくれます。

 

その様な有料な工務店では普段から継続的に下請業者に仕事を出していますので、下請け業者の側から見れば良い仕事をしなければ
次の仕事に結びつきませんので頑張って仕事をします。

 

 

 

しかし、一時の金儲けを目的にしているブローカー的な工事会社では、その時の寄せ集めの下請け業者で工事をしますので、
下請け業者側からの信頼も薄いので本気で仕事をしないことがあります。

 

特にこのような業者は資金的にも余裕が無いので下請け業者に対する支払いも遅れたりすることもあり信用が有りません。

 

 

 

実際にあることですが、最悪のケースでは下請け業者への支払いを残したまま工事の途中で倒産してしまうことが起きて工事が途中でストップすることがあります。

 

この様な悲しいことを防ぐために工務店などは過去の実績や信用状態を調べておくべきかと思います。