DIYについて

DIYについて

DIYとはDo It Yourselfのことで、こうしたリフォームやリノベーションなどを自分自身でつくってしまうことです。工務店や建築事務所などに大まかなところはやってもらって、あとは自分ですべてを請負うことになります。スケルトンリフォームなど大がかりなことになるとすべてを自分でするのは難しいですが、

 

 

 

ある一部分なら、また部屋全体の模様替えや作り替えくらいなら自分でできるし、いまはホームセンターでほとんどの材料が手に入るのでそうしたことが生き甲斐、趣味にしている人も多くなっています。簡単なところでいうと、まずは壁紙を張り替えたり、床をなおしたり、ペンキ塗りをしたり、水回りを修理したり、新しいシステムを導入したりして、工事費も浮くし、その上、インターネットなどでその方法を解説しているサイトもあるので、参考にできる事例が多いのも大きなメリットです。

 

 

 

週末の度に家をすこしずつよくしていく喜びは、ものを創り出す喜びとともに、住まい空間の充実もできます。しかも低コスト、材料費だけですみます。もちろん経験やプロとして培ってきた技術は専門職の人にはかないません。

 

 

 

でも一般人でもこつこつ色々な所を修繕しているうちに、そうしたリフォームが上手になってくるし、楽しくもなるので、どんどんそれがエスカレートして自分でリフォーム全部を手がけることにもなるのです。比較的古い家が多い海外ではDIYというのは普通で、一般の人でも少しずつ家を自分でリノベートして、プロに頼まず、自分の好みの居心地の良い空間をつくるのにつねに思案をめぐらせている人もいるのです。