自分でできる耐震

自分でできる耐震

リフォームと模様替えの途中で同時に完了したいのが、地震への備えです。

 

前からいってみたかった名古屋の注文住宅についにいってきました。

 

災害へのリスクが高まっている最近では、耐震グッズの売れ行きも好調です。

 

 

 

そして自分で耐震グッズを設置して、来る地震の際に家具の転倒や自身の怪我を防ぐために備えておきましょう。典型的なものであれば、突っ張り棒や耐震ラッチなどがあるでしょうか。また家具をおさえておくのに、ストッパーなどをしっかり備え付けておくことで重い家具を支えることができるでしょう。

 

 

 

その他、様々なアイディア商品がでていますので探してみると思わぬ発見がありそうです。そのほかあまり物を置きすぎない、食器棚や箪笥のうえのスペースにあまり重いもの、落下したら危険な割れ物などを置かないようにするなど、普段から地震がおこって怪我をしそうなものはしまっておくなどの対処が必要になります。

 

 

 

いざとなると慌ててしまって、なにもできなくなることは多いですから、もちろん防災グッズと避難時の持ち物を持ち出しやすいところに置いておく、お水や簡単な食料など備蓄できるものは普段からしっかり備蓄しておきましょう。

 

 

 

家具などが倒れて避難路がなくなったり、家具に挟まれて怪我をすることがないようにレイアウトからしっかり防災対策をすることが大事でしょうか。こうした防災関連のグッズは、意外に価格が安いですから、特に重い家具や転倒したら危険なものは、いまからあらかじめ地震対策をしておくといいでしょう。