リフォームのメリット様々について

戸建住宅の工法について

日本で一般的に行われてきた戸建住宅の工法は、木造です。
在来工法と呼ばれる古くからの工法では、柱と筋交の上に壁を作成していきます。

 

 

 

この工法に工夫を凝らし、ハウスメーカーなどで取り入れられているのが新木造という工法です。
通常より壁の耐力を増し、地震に強い家になっています。

 

 

 

また、RC造などのコンクリート打設による工法も一般的です。
この工法では、建物自体が比較的しっかりした四角いイメージになりますが、地震に強く間取りも広い空間が作れます。

 

 

 

ハウスメーカーを比較検討するときは、まずどのような工法を取り入れているかをモデルハウスなどで聞き、メリットとデメリットをよく整理したうえで建築工事に臨みましょう。戸建住宅は、一度建てれば一生の付き合いになる物件です。

 

日本経済と住宅事情