住宅のリフォームローンのメリット

住宅のリフォームローンのメリット

住宅をローンでリフォームするときの「リフォームローン」では、借入れ時の担保は必要ないということがあります。家がそのまま自動的に担保扱いになるので、実際には担保があるとしてローンを組めるということです。家が担保としての契約になりますので審査も通りやすいということがあります。

 

 

 

通常の住宅ローンでは、審査も厳しく審査に通ったあとでも資金を手にするまでの期間が長いということがありますが、リフォームローンでは、審査通過後もスムーズに資金を手にすることができるということです。しかし、融資金額としては、最大500万円程度となっていますので、リフォーム内容によっては、足りないことも考えられるということです。

 

 

 

時間がたつにつれて老朽化がめだってくるのがマイホームです。10年を目安として家のリフォームが必要となってたくさんの費用もかかる場合もあるようです。リフォームを考える場合には、畳の交換やお風呂場の修理などのメンテナンスリフォームの場合と、家の雰囲気を変えたり、間取りを変えたりして贅沢さを反映させるようなリフォームの2種類があるということですね。

 

 

 

メンテナンスリフォームの場合には、経済的に余裕がなくても必要に迫られているということがあります。そんなときにおすすめなのがリフォームローンだということですね。住宅ローンを取り扱っている金融機関であれば取扱いをしているということです。融資額は50万円〜500万円程度と小さめですが、金利などを比較しながら融資を受ける銀行を選ぶといいということでしょう。